色とりどりのベリーが魅力
スイーツショップのブランディング

2016 / Client : 株式会社Miss Berry様
ブランディング プロモーション ロゴ パンフ・リーフ フライヤー・DM 名刺・封筒 パッケージ 看板・サイン
「からだのことを考えて、内側から美しくなれるようなスイーツと癒しを提供できるケーキ屋さんをつくりたい」。エステサロンを運営しているオーナーのひと言から、『MissBerry』のブランディングは始まりました。「素材や製法にとことんこだわった、美味しいのはもちろん、からだの内側から美しくなれるケーキ屋さんにしたい」「ストロベリー、ブルーベリー、ラズベリー、クランベリー。見た目も可愛く、からだに良い要素がいっぱい詰まったベリーに特化する」。さまざまなご要望をいただきながら、目指すお店のイメージを実現するべく、プロジェクトは進んでいきました。

想いを聞くところから始まるショップ・ブランディング

「若い世代だけではく、例えば50代くらいのミス世代の大人の女性も気兼ねなく寛げて、こころもからだも癒されるお店にしたい」。そんな想いから『Miss Berry』は生まれました。ブランディングの役割のひとつは、想いを形に変えて、伝えたい人にブレなく伝えること。すべてはお話をうかがうところから始まります。

 

マーク単独ではなく汎用性を考えたロゴデザイン

ショップのシンボルとなるロゴマークは、さまざまなベリーがつまった宝石箱のようなお店をイメージして制作。店舗内装やグラフィックツールとの連動性も考慮し、オーナーの苗字からとった「ひし形」をモチーフに仕上げました。

 

店舗の雰囲気をつくるあらゆるツールを統一感を持って制作

ロゴマークとひし形のパターンをベースに、名刺・ショップカードやリーフレットなどの紙ものツールをはじめ、焼き菓子を入れるギフトボックスや紙袋、さらにはファサードや看板など、平面から立体まであらゆるアイテムを統一感を持たせながら展開。全体を通して『Miss Berry』の空気感やイメージをつくりだします。

 

クラウドファンディングでオープン前からファンをつくる

『Miss Berry』のオープンに先駆けて、クラウドファンディング「MAKUAKE」を使ったプロモーションを実施しました。MAKUAKEに掲載する記事や写真のディレクションを行い、『Miss Berry』を支援してくれたお客様に向けたサンキューDMやチケット、オリジナルバッグなどを企画からデザインまでオーナーと一緒になって考えていきました。

 

オープン後の季節施策も企画段階からお手伝い

バタバタと駆け抜けたオープンを終えて。実際にお店を運営していると足りないものもが出てきたり、季節ごとに新しい告知や広告が必要になってきます。継続的なお付き合いをしながら、季節ごとのメニュー差し替えやPOP作成、メンバーズカードの制作などを行いながら『Miss Berry』のファンを増やしました。